この文章は今までの雇用情勢とこれからの経済情勢を比較して転職のタイミングを書いた文章になります。

転職で条件の良い求人を探す方法
New Entry
転職で条件の良い求人を探す方法

転職とこれからの日本経済について

学生時代を経て、多くの人が何らの仕事に就くかと思いますが、長い労働人生のなかで転職を考える事は1度や2度はあるかなと思います。しかもひと昔前までは終身雇用が当然かのようでしたが、日々変化していく経済情勢のなかで今となっては職を変える事は何ら珍しい事でもないと思います。私は今までは転職するなら、なるべく早い段階で年令で言うと26才くらいまでに変える方が良いと思っていました。何故なら、同じ職種の仕事で違う会社に入るなら別ですが、今までは経験した事がない仕事をするのであれば、本人の努力もあるかとは思いますが、年令が上がるにつれて記憶力や体力なども衰えますし、何より気力的な面で自分を奮い立たせる事が可能であるかが問題です。

また、そうした問題を全てクリアできる人間であっても雇う側としては、未経験であれば若い人間を雇う傾向があるので、職種を変えるなら若い段階が良いと思っていました。しかし、これは私個人の見解ですが、こうした社会情勢は近い未来に大きく変化すると思います。何故ならこれから先の日本は今まで以上の高齢化社会になる事が予想されますが、そうした事によって経験を積んできた人間の数も減少されると思いますが、そうしたことに機械の力によって補うだけの科学力は無いと感じるからです。例えばロボットが新規の顧客を獲得するために営業を行う会社などは存在しませんので、30代、40代からの他業種への切り替えも今までより雇用確率は上がるかと思います。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 転職で条件の良い求人を探す方法 All Rights Reserved.